文学生のふんわり金魚日記

文学院進という片道切符を選んでしまったへなちょこ女子大生がふんわり頑張る日記です。文学の中を泳ぎ回れるようになりたい。

アカデミアへのあこがれと留学と挫折のはなし

f:id:tachibanayun:20180803155213p:plain

 

就活をわざわざ経た上でなぜ院試を選ぶに至ったのかという話をしたいと思います。

 

もともと私は高校生の時分から、「院まで行って学問をしたい」と言っていました。

これは決して高尚な志うんぬんの話ではなく、女子高生のふんわりとしたアカデミアへのあこがれ程度の話です。

とはいえあこがれというのは強いものでして、それを追って私はなんだかんだ世間的にはいわゆる有名大学と呼ばれるところへ入学し、たのしそうな授業おもしろそうな授業なんだか教授がスゴそうな授業を気の赴くままに選択しては、学問のキラキラした部分を見つめ感嘆のため息をつく、というような大学時代を送ってきました。

私にとっての学問って、ある種のエンターテイメントだったんですよね。

 

それを崩したのが留学でした。

以前の記事で私は「大学4年生」と自己紹介した気がしますが、実は大学への在籍は5年目。

約10か月程度海外の大学に交換留学していたため、在学期間が延びています。

そしてこの留学、地獄でした。毎日ド鬱で泣いてばかりいました。

まず授業がキツイ。それまでずっと「優等生」としてやってきた私には耐えられないような屈辱と挫折でした。

それから、ディスカッションやレポート、エッセイなど自分の意見を構築することを求められることがものすごく多くて、これが大変苦手でした。

私、それまで日本では、教授たちのすごいお話をワァ~~♡と聞いて、それをもとにふんわり自分の身の回りのことに置き換えてみたり、自分の心の引き出しに綺麗にしまって、ときどき取り出してニヤニヤしながら眺めたり、ほんとにその程度しかしてこなかったんですよね。

でもそれは留学先では通用しなかった。

授業に出席するたび「この論文はみんな理解してると思うけど、それを踏まえてあなたはどう思うの?」とディスカッションを求められるし、期末のレポートもまた然り。

別にこれって日本においてもそこまで珍しい形式ではないと思うんですが、少なくとも私には、このタイプのディスカッションを授業毎にしたり、このタイプのレポートを1つの学期に3本も4本も書くのは初めてでした。

たいへん、しんどかった。

 

そんな地獄のような留学を通して、私は何より学問に向き合うことの厳しさに絶望してしまいました。

それまでは「学問が好きだから院に行く」と迷いなく思っていたのですが、それはあくまで学問をエンターテイメントとして消費する側の目線。

一方で「院に行く」ということは、

学問に向き合い、地道きわまりない作業を繰り返し、ほんのちょっとだけ他人と差異化された自分の意見を構築し、学問のわずかな1歩に貢献する、

すなわち「学問を積み上げていく側になること」だと思います。

私は留学中にその厳しさを目の当たりにし、挫けてしまいました。

外国語文献を読むのがしんどい。

自分の意見を構築するのがしんどい。

明確に文章にまとめるのがしんどい。

「あれ、私これ院行くなんて無理じゃない??私、怠惰だしついでに頭悪くない??」

日本に帰ったらちゃんと就活をしよう、と思いました。

 

しかし結局、泥沼化した就活の末に、私は院進学を選びました。

(院試に受かればの話ですが...)

就活して内定をもらってたくさん悩む中で、

「結局人間どの道を選んで必ずしんどい思いをするわけだし、

『何がしんどくて何がしんどくないか』よりも

『どういうしんどさの中で生きることを選ぶのか』の方がよっぽど大事なのでは?」

と思うに至り、そこでやっぱり私は、

「学問のしんどさの中でもう少しがんばってみたいし、がんばらなきゃいけない」

と感じたためです。

それに、私の将来の夢、「知性と品のあふれるおばあちゃん」なんです。

それなら院かな、と。

院に行って、知性と品の畑を作る。野菜や花の育て方を学ぶ。

それから普通に就職することになっても、家庭菜園をもりもり続けていけるような土壌を作りたいな、と思っています。

 

がんばらなきゃなぁ。

キラキラ優秀院生目指します。

 

タチバナ