文学生のふんわり金魚日記

文学院進という片道切符を選んでしまったへなちょこ女子大生がふんわり頑張る日記です。文学の中を泳ぎ回れるようになりたい。

読書

太宰治『斜陽』と蛇というモチーフ

『斜陽』に繰り返し登場する「蛇」をめぐるゆるやかな考察。「蛇の卵を焼く」ことが一体に何を示唆しているのか。

卒論の中間発表におびえています。

中間発表の準備、ダメです。

辺境の19世紀末と恋―クヌート・ハムスン『ヴィクトリア』を読みました

ノルウェーのノーベル賞作家、クヌート・ハムスンの『ヴィクトリア』についてお話しします。

尊厳ある生と死―ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』を読みました

WWI後間もないロンドンのある1日を描くヴァージニア・ウルフ著『ダロウェイ夫人』。「個性ある死」の視点で考えたことを少し。

真木悠介『気流の鳴る音』を読みました

彼氏いわく「俺の人生を変えた本」、真木悠介先生の『気流の鳴る音』を読みました。インディオの世界観と真木先生のすばらしい構造力。